歌手

激太りで再起不能と言われた歌姫クリスティーナ・アギレラの完全復活した画像と動画

激太りで再起不能と言われた歌姫クリスティーナ・アギレラの完全復活した画像と動画

13714872

クリスティーナ・アギレラ(wikipediaより)

クリスティーナ・マリア・アギレラ(Christina Maria Aguilera、1980年12月18日 – )は、

アメリカ合衆国のシンガーソングライター、アーティスト。身長156cm。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第58位。

 

アメリカの人気シンガーソングライター、クリスティーナ・アギレラが

激太りで再起不能といわれていた状態から見事完全復活を遂げ

その動画などをYOUTUBEで流したことで話題になっている!

 

アメリカの歌姫と言われたクリスティーナ・アギレラだけど

いったい何があったのか?

その当時の画像なども掲載しながら見ていこう!

 

まずはアメリカの歌姫クリスティーナ・アギレラ

のキャリアをwikioediaで調べてみたので見てくれ

 

デビュー前

1990年3月、「スター・サーチ」(Star Search)という

タレント・コンテスト番組に出演するが合格せず。

同年、ピッツバーグ・スティーラーズ(NFL)と

ピッツバーグパイレーツ(MLB)の試合の前に国歌を歌う。

12歳から14歳までは、後にスターとなるブリトニー・スピアーズやケリー・ラッセル、

NSyncのジャスティン・ティンバーレイクやジョシュア・スコットらと共に

Mickey Mouse Clubのショーにも出演。

1997年、彼女の最初のシングルは

中西圭三とのコラボレーションシングル「All I Wanna Do」で、

日本でも彼女のビデオが流れ、ツアーも行われた。

翌年にはディズニー映画「Mulan」の主題歌「リフレクション(Reflection)」

のオファー(「高いEの音が出せるか?」というもの)に応え、RCA レコードと契約。

 

デビュー ~ 2003年

1999年、デビューアルバム「クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)」をリリース。

このアルバム中の曲「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」は

観月ありさが「Love Potion」としてカバーし『ナースのお仕事4』の主題歌となった。

また、この時のツアー衣装を日本のTV番組ASAYANがタイアップし

デザイナーのごあきうえが衣装をデザインする事になった。

アルバムの収録曲「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」

「ホワット・ア・ガール・ウォンツ (What A Girl Wants)」

「カム・オン・オーヴァー・ベイビー (Come On Over Baby)」は

全米で1位を獲得。その年のグラミーの最優秀新人賞を

ブリトニー・スピアーズなどの強敵を抑え受賞した。

その後、リッキー・マーティンとのデュエット曲

「ひとりにしないで (Nobody Wants To Be Lonely)」がリリース。

ミッシー・エリオットによるプロデュースで

映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌、「レディー・マーマレード」で

Lil’ KimやP!nk、Mýaと競演。

クリスティーナがメインと言っても過言ではないポジションであった。

全米1位はもちろん、グラミー賞も獲得。

2001年、スペイン語アルバム 「ミ・レフレホ (Mi Reflejo)」をリリース。

ラテングラミーで最優秀ポップボーカルアルバムを受賞。

2002年、セカンドアルバム「ストリップト (Stripped)」を発表。

ラッパーのリル・キムをフィーチャーするなどし

パワフルなR&Bやポップ、彼女の歌唱力が映えるバラード等

様々な楽曲を収録。このアルバムタイトル同様

彼女の歌詞は赤裸々なものになった。

メイクや服装もデビュー当時の清純なイメージから

露出度の高い派手なものにかわったが、

これはブリトニー同様しばしば批判されることもある。

反面、父親による暴力におびえた幼年時代の告白、

社会的弱者への共感を歌った「ビューティフル (Beautiful)」

などが高く評価され、ブリトニーとは異なる土壌にあることを強く表明した。

また、ゲイフレンドリーとしても有名で、

先ほど挙げた「ビューティフル (Beautiful)」

を歌ったことでゲイからも多く支持されている。

彼女自身も「ゲイ差別をすることが理解できないわ」と同性愛者に対し

支持のメッセージを送り続けている。

インシンクのメンバーであるランス・バスのカミングアウトの際は

「周りが騒ぎ立てる必要性がわからない。勇気のある素晴らしい行為。」

と彼を絶賛している。ファッションに関しては

2003年前後には生来ブロンドの髪を黒く染め、

ゴシックさを強調したり

50年代のマリリン・モンロー風にしたりとその変換幅は大きい。
2004年 ~ 2008年
2004年、喉の疲労でチンギーとのツアーをキャンセル。

この年のMTV ビデオ・ミュージック・アウォーズでは

マドンナとのキスシーンという衝撃的なステージを披露。

また、ミッシー・エリオットのプロデュースとラップで

フィーチャーした「カー・ウォッシュ (Car Wash)」を発表。

「シャーク・テイル」の主題歌に起用される。

ハービー・ハンコックのアルバムで、レオン・ラッセルの

「A Song For You」をカバーし、グラミーでハービーとの競演を果たした。

 

2009年 – 現在

2008年から2010年にかけてレコーディングが行われていた

自身4枚目のオリジナル・アルバム「バイオニック(Bionic)」を

2010年6月にリリース。最初の週に11万枚のCDを売り上げるも

前作の3分の1の売上にしかならなかった。

2010年公開のミュージカル映画『バーレスク』で

映画デビューを果たす。 2010年11月

ハリウッドのウォークオブフェイムに

名前入りのプレートが埋め込まれ殿堂入りを果たす。

2011年にはアメリカのタレントオーディション番組

「The Voice」に審査員として出演。

そこで同じく審査員として共演したアダム・レヴィーンが

ボーカルを務めるマルーン5とのコラボシングル

「ムーヴス・ライク・ジャガー/Moves Like Jagger マルーン5 Feat.クリスティーナ・アギレラ」

がリリースされた。ビルボード・ホット100で初登場8位を記録し

シングルでは自身にとって2008年の

「キープス・ゲッティン・ベター(Keeps Gettin’ Better)」以来のトップ10入りとなった。

また「ムーヴス・ライク・ジャガー」は最終的にリリースから

3カ月後の9月に全米1位を獲得。

これにより、1990年代、2000年代、2010年代それぞれで

ビルボード・ホット100の1位を獲得したことになる。

(3つの年代で1位を獲得した女性アーティストとしては

マドンナ、ジャネット・ジャクソン、ブリトニー・スピアーズに次ぐ4人目)

2012年9月、自身が審査員を務めている人気オーディション番組

「The Voice」の出演を9月10日からスタートした

第3シーズンを以って降板すると発表された。

2012年11月に、前作が商業的に失敗したことから

復活の意味を表す花である蓮をタイトルにした

5枚目のオリジナル・アルバム「ロータス(Lotus)」をリリース。

 

と、色々とありながらも確固たる地位を気付いてきた歌姫クリスティーナ・アギレラ

そんな彼女が2011年から謎の激太りがはじまり

もう体型は元に戻らない・・・

再起不能だ・・・

と囁かれていたのだ。

その当時の写真はこちら

img_376845_5245030_7

ポチャ好きの俺からしてみれば全然OKだけど

世間的にはNGだったんだろうw

痩せていた頃と比較するとこうだ

o0400030011671844726

確かにだいぶ変わった感じはするw

そんな歌姫クリスティーナ・アギレラが

今年になって減量に成功してかつての美しい姿に戻ったというのだ!

そして、感謝の気持ちをファンに向けた動画が感動的だと話題になっている!

現在の画像はこちら

NBCUniversal's "2013 Summer TCA Tour" - Arrivals

ファンへ向けた感謝の気持ちを動画にしたのがこちら

画像じゃいまいちわからなかったけど

動画だとちょ~~~~~~美人じゃねえかっw

そして歌かっけええええええええええええええ

こうして、再起不能とまで言われた歌姫クリスティーナ・アギレラ

が完全復活を遂げた!!!

今後に注目だ!!!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ